作品情報

『サウダーヂ』2011/167min/35㎜/カラー

制作:空族/『サウダーヂ』製作委員会
エグゼクティブ・プロデューサー:笹本貴之 プロデューサー:伊達浩太朗/富田智美
監督:富田克也 脚本:相澤虎之助/富田克也 撮影:高野貴子 録音・音響効果:山﨑巌 
助監督:河上健太郎 編集:富田克也/高野貴子
スチール:廣瀬育子


【イントロダクション】

『土方、移民、HIPHOP 『この街で一体何が起きている?!』

 不況と空洞化が叫ばれて久しい地方都市。“中心”街。シャッター通り、ゴーストタウン。それがアジアNO1の経済大国と呼ばれた日本の地方都市の現状である。しかし街から人がいなくなったわけではない。崩壊寸前の土木建築業、日系ブラジル人、タイ人をはじめとするアジア人、移民労働者たち。そこには過酷な状況のもとで懸命に生きている剥き出しの“生”の姿があった。
街そのものをテーマに、実際にそこで生活している人々をキャスティングしてつくられたこの作品には、これまで日本映画ではあまり描かれる事の無かった移民たちの姿が描かれている。特に100年前に日本からブラジルに渡った日本人の子孫たちのコミニティは国内において大きな規模を成している。移民の問題は世界的な課題であり、そこでは差別や経済格差、文化間の衝突は避けられない。


【ストーリー】

山梨県•甲府。変哲の無い街。人通りもまばらな中心街、シャッター通り。不況の土木建築業、その中に日系ブラジル人•タイ人をはじめとする様々な外国人労働者たちがいる。
HIPHOPグループ「アーミービレッジ」のクルー•猛は“派遣”で土方として働き始める。両親は自己破産しパチンコに逃避、家庭は崩壊している。弟は精神に異常をきたしていた。
猛の働く建設現場には多くの移民達が働いていた。そんな中、猛は現場で土方ひとすじに生きて来た精司や、同じく派遣されてきた、タイ帰りだという保坂に出会う。仕事帰りにタイパブに連れて行かれる猛。楽しそうな精司とタイ人ホステスのミャオ。盛り上がる精司や保坂に違和感を覚え、外国人を敵視する猛。

一方、精司の妻の恵子は、セレブな客•由美に誘われ、怪しげな水を売る商売に手を染め始める。精司はタイ人ホステスのミャオにのめりこみ、いつしか全てを捨ててミャオとタイで暮らす事を夢想しはじめる。しかしミャオはタイに離れて暮らす家族を支えるために日本で働き続けなければならない。
追い詰められ、廃業する下請け。この街に見切りをつけようとする保坂。

“saudade”  一言では説明できないポルトガル語。郷愁、情景、憧れ。そして、追い求めても叶わぬもの。

 不況が深刻化し、真っ先に切られる外国人労働者たち。住み慣れた日本を離れ、遠い故国に帰るしかないのか?彼らは働き、子供を育て、この国で生きてきた。彼らの故郷はこの国、この街なのだ。無視される叫び。すれ違い、交差する思い。
苦難を忘れる束の間の喜びのとき、彼らは集い、歌い踊る。その移民たちの交歓の輪の中に、猛のかつての恋人、まひるがいた。日系ブラジル人デニス率いるHIPHOPグループ「スモールパーク」の存在を知る猛。まひるは彼らとの共生を信じ、猛は否定することで自分で支えようとする。そして日本人と日系ブラジル人二つのHIPHOPグループが競い合うパーティーの夜が始まる…。


【スタッフ】

富田克也[監督・脚本・編集]

1972年山梨県甲府市生まれ。
東海大学甲府高等学校卒業後、音楽の道を志し上京。
音楽活動に出口を見いだせず映画を観まくる日々、いつしか自身で映画を撮りたいと思うようになる。都内で配送業に従事しながら、製作期間5年、上映時間140分の処女作『雲の上』(8mm) を2003年に発表。監督、脚本、編集を自ら手がけたこの作品は「映画美学校映画祭2004」の最優秀スカラシップを受賞。この賞金を原資に『国道20号線』を製作し2007年に発表。同年10月に甲府の桜座で自主上映会を開催後、東京渋谷UPLINK Xにてロードショー公開。2008年に入り単館系劇場にて全国公開された。「映画芸術」誌上にて2007年日本映画ベスト9位選出、映画界に波紋を呼び、文化庁の主催する日韓映画祭を含む国内外の映画祭で多数上映されてきた。

高野貴子[撮影・編集]

1973年生まれ。日本大学芸術学部映画学科で映画作りを学ぶ。在学中に、もぐりで大学にきた富田と知り合い、以後一緒に映画を作る。『雲の上』(2003年)撮影、『国道20号線』(2007年)撮影、『Furusato2009』(2009年)構成・編集。2009年には『デルタ 小川国夫原作オムニバス』の一編「他界」を監督する。


相澤虎之助[共同脚本]

1974年3月5日生まれ 高校時代にM.スコセッシ監督「ミーンストリート」を観て感動する。
早稲田大学シネマ研究会を経て空族に参加。監督作品「花物語バビロン」(8mm 40分)「かたびら街」(8mm 50分)
「国道20号線」(共同脚本)「サウダーヂ」(共同脚本)。

山﨑巌[録音]

1962年生まれ 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒
造形美術の仕事をする傍ら、80年代後半より、Overhang Party、Ghost などのロックバンドでDrumsを担当。その後、バンドのCD制作のために独学で録音を学ぶ。Hugh Hopperとの共演やDamon&NaomiジャパンツアーにDrumsとして参加するなど活躍。’94年川崎に、多目的な創作活動の拠点「アトリエヒマワリ」完成。’07年『国道20号線』の整音を担当して空族に合流。高野貴子監督作『他界』の整音を経て、『サウダーヂ』では録音、整音、音響効果を担当。ZAHITAでは『国道20号線』に楽曲を提供、同作のサントラアルバムも発売している。現在活動中のバンド、東京ピカデリーは『サウダーヂ』に楽曲を提供。

【空族】(くぞく)バイオグラフィ

2000年~2003年にかけて製作された『雲の上』【監督・富田克也、撮影・高野貴子、共同脚本・故井川拓(2011年4月急逝)】の現場に、当時別個に『かたびら街』を撮影中だった相澤虎之助が参加。『雲の上』『かたびら街』完成後、両作の自主同時上映イベント『選べ!失え!行け!』(ルー・リードの歌詞より拝借)を月一上映にて7ヶ月間に渡り敢行。それをきっかけに、自らを映像制作集団『空族』と名乗るようになった。小説家でもあった井川拓の構想中の作品、「かつては空を飛びまわっていたが、今は地下に棲み、側溝の格子から地上を見上げ暮らしている種族」から由来。同イベント開催中に『雲の上』が映画美学校映画祭2004にてスカラシップ獲得の知らせが入る。これを機に、新作『国道20号線』を富田&相澤にて共同脚本する事になる。以降、空族としての活動を本格化し、『国道20号線』の上映活動を中心に、しかし映画だけに留まらない活動をというのをモットーに現在に至る。『国道20号線』より石原寛郎、『サウダーヂ』より河上健太郎が参加。現在メンバーは5名。